オーケストラで使われる打楽器・鍵盤楽器・ハープなどの特徴

作曲

オーケストラで使われる打楽器・鍵盤楽器・ハープなど

【打楽器】

  • ティンパニ
  • グラン・カッサ(バスドラム)
  • タンブーロ(スネアドラム)
  • シンバル
  • グロッケンシュピール(鉄琴)
  • シロフォン(木琴)

【その他】

  • チェレスタ
  • ピアノ
  • ハープ

*音域の表示は、C3を真ん中のドとしてます。

ティンパニ

音程が取れる太鼓です。複数個おいて演奏します。

サイズによってチューニングできる音程が決まっています。よく使われるサイズはこんな感じです↓

  • 23インチ・・・C2~A♭2
  • 26インチ・・・A1~F2
  • 29インチ・・・F1~D♭2
  • 32インチ・・・D1~B♭1

グラン・カッサ(バスドラム)

いわゆるバスドラ。グラン・カッサはイタリア語で大太鼓です。

J-Popなどでは常にキックペダルでふみ続けますが、オーケストラではバチで瞬間的に爆発させるように使うくらいです。

タンブーロ(スネアドラム)

いわゆるスネア。

こちらもグラン・カッサ同様、オーケストラでは使う場面が限られています。

シンバル

こちらもオーケストラではアクセント的に使われます。J-Popでもそんな感じですけど。

グロッケンシュピール(鉄琴)

鉄琴です。実音はG5~C7ととても高いです。

木管楽器や金管楽器のメロディーと一緒にユニゾンで演奏することで、音に真を入れるような効果があります。

ただ、メロデイー全部をユニゾンで演奏するとしつこい場合もあるので、その時はメロディーのポイントポイントで使ってみましょう。

シロフォン(木琴)

鉄琴と比べると、余韻が少なく硬い感じの音がするシロフォン。音域は楽器のサイズによって変わってきます。実音はF3~C7です。

似たような楽器にマリンバというものがあり、こちらは長い共鳴管がついているので、シロフォンより柔らかい音がして、余韻も長くのこります。

チェレスタ

ピアノのような見た目ですが、音が鳴る仕組みは鉄琴に近いです。実音はC3~C7。

鉄琴より丸みを帯びた音がします。

↑のサムネの楽器がチェレスタです。ミステリアスな音がしますね。

ピアノ

ピアノがオーケストラでは脇役とされる理由は、調律の難しさです。

基本的にオーケストラで音を合わせる時は、気温や湿気の影響で音程が変わりやすいオーボエが基準になるのですが、ピアノは調律が難しいので、ピアノが入る曲はピアノに合わせる必要があるのです。

オーケストラ自体では脇役といっても、ピアノが入る曲では主役を張ることが多いです。そういった曲のジャンルをピアノ協奏曲といいます。

ハープ

ハープは構造上半音階が苦手です。

足元にペダルがあり、それを使うことで音程を変えることができますが、1つのペダルはオクターブもふくめてすべての同じ音の弦に作用します。

ペダルを操作することで♭・♮・♯と音程を変えることができます。

ハープの特徴的な技として、”グリッサンド”が有名です。

オーケストラでの打楽器などの使いかたのコツ

オーケストラの中で、打楽器は頻繁に使われるわけではなく、その時その時でインパクトやアクセントとして使われます。

楽器数の多いオーケストラなので、ハーモニーを奏でることに意識を向け、打楽器軍は思い切って休ませる勇気も必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました