Cakewalk by BandLab(パソコン版)にギター音源を追加する方法

DAWの使い方

無料のDAWソフト、Cakewalk by BandLab。

とりあえずDTMをすることはできますが、ギター音源が入っていない!(見つけた。あった。)ギター弾けばいいやって思ったけど、オーディオファイルをクォンタイズ(リズムを合わせること)できない!(たぶん)

なのでギター音源入れました。その方法をまとめます。全部無料。

*追記:Cakewalkに付属されているギター音源ありました。Cakewalk TTS-1というインストゥルメントを使用することで、ギター音源使えます。

【Cakewalk】TTS-1の使い方

Cakewalk by BandLabでギターの音を打ち込むのに必要なもの

  1. ギターの音を鳴らすためのもの
  2. ギターの音
  3. ギターの音を変えるもの(エフェクターとか)

打ち込みでギターの音を鳴らすには上の3つのものが必要です。

3のギターの音を変えるものは、Band labにもともと入っているアンプシミュレーターが使えるので、とりあえず新しく入れるのは1のギターを鳴らすためのアプリと2のギターの音そのものです。

Cakewalk by BandLabにギター音源を追加する方法

事前準備

  • DTMプラグイン用のフォルダを作っておく
  • rarを解凍できるソフトをインストールしておく

多分これからいろんな音源を追加していくことになるので、わかりやすいようにダウンロードしたもの入れるためのフォルダを作っておきましょう。

ギター音源のStandard Guitarが、rarという圧縮ファイルなので、事前準備としてrarを解凍するためのアプリを入れておいてください。

僕は”LhaForge”というものを使いました。

Cakewalk by BandLabにギター音源を追加する手順

  1. ギターの音を鳴らすための”sforzando”をダウンロード&インストール
  2. ギターの音源”Standard Guitar”のダウンロード&解凍
  3. Cakewalk by BandLabでのセッティング

おおまかなながれはこんな感じです。もちろんギターの音源にもいろいろあるのですが、今回は評判の良かったStandard Guitarを入れます。詳しく見ていきましょう。

sforzandoをダウンロード&インストール

このサイトからsforzandoをダウンロードしてインストールしてください。

サイトにアクセスして、下のほうにスクロールするとあります。

ダウンロードしたら、exeファイルを実行して、特に何もいじらずひたすら「次へ」に従ってクリックしていけば大丈夫です。それでインストールできます。

途中、形式を選ぶところが出てきますが、わかんなかったら全部チェックしておけばいいです。デフォルトで全部チェックついてるので、「次へ」で大丈夫。僕もそのまま完了まで行きました。

Standard Guitarのダウンロード&解凍

ここのサイトからギター音源、Standard Guitarをダウンロードして解凍しましょう。

Cakewalk by BandLabでのセッティング

さて、いよいよ鳴らしますよ!

まずはいつも通りCakewalk by BandLabを開いてください。新規作成でも既存のデータ使っても何でもいいです。

「挿入⇒プラグインシンセ⇒Uncategorizeed」のところに「sforzando」があるので、クリックしてトラックを挿入します。

これだけでは音が鳴らないので、設定をしていきましょう。

トラックのアイコンのところをクリックして、sforzandoの画面を出します。

”settings”のタブで、”User files path”を設定します。

”SET”をクリックして、Standard Guitarの音源が入っているフォルダを設定しましょう。

これで準備は整いました。

次は、音源を入れましょう!

Standard Guitarのフォルダを開いて、「xml」のファイルを全部ドラッグ&ドロップしてください。

ここまでくれば、Band Labを終了しても、設定は維持されます。

あとは、他のプラグインシンセと同じように使う音源を選んでいきます。

ギターの音を鳴らす!

ギターの音を鳴らすには、「empty⇒User⇒Programs」と進んでいきます。

01.Standard Guitar KSOP もしくは 03.Standard Guitar VSOPを選択してみましょう。それで音が出るはずはずです。

詳しい使い方はまた別で説明しますね。

一つだけ先に言っておくと、このままだとひずみとかリバーブとかエフェクターやアンプを通した音が出ません。エレキギターを直でつないだっぽい音がするだけです。

いい感じの音にするにはアンプシミュレーターを使います。

トラックの「Fx⇒オーディオFxの挿入⇒Guitar⇒TH3」の順番でクリックしていけば、Band Labに最初から入っている無料のアンプシミュレーターが使えますよ♪

コメント

  1. AIN より:

    このサイトを参考に実践してみましたが、「挿入」という項目がどこどこを探してもないです。

  2. 匿名 より:

    XMLファイルをそのまま添付できなさそうです

    • どんぐり どんぐり より:

      解凍後のファイルですよね?もしかしたらStandard Guitarのファイルのどれかが壊れているかもしれません。再ダウンロード&インストールしてみたらよくなるかも・・・・です。

タイトルとURLをコピーしました