作曲を毎日するためのネタのヒント

作曲

前回、作曲を毎日続けていくためのコツをお話ししました。そこで今回は、そのため少しでも助けになればと思い、作曲を毎日するためのネタのヒントをいくつかご紹介します。

どちらかというと、アナログよりもDTM向きの内容となっていますので、そこへんはあしからず。

作曲を毎日するためのネタのヒント1:ループで毎日コードを変えてつくる

まずお勧めするのが、ループで曲を作ってみることです。

例えば1小節ごとに”C⇒D7⇒Em⇒Em”、これを繰り返す。みたいな感じで。別に1小節ごとじゃなくて2拍ずつコードを変化させていってもいいです。

とにかく、きまったコード進行をループさせることで曲を作っていきます。

コード進行は探せばいろいろあるので、これだけでもネタは尽きないと思います。いろんなコード進行が解説付きで乗っているので、この本お勧めです↓

作曲を毎日するためのネタのヒント2:作る順番を変える

行き詰った時、アイディアが何も浮かばない時に試してほしいのが、作る順番を変えてみることです。

例えば、いつもコード進行⇒ドラム⇒メロディ⇒装飾といった感じで作っているなら、いきなりメロディーから作ってみるとか。装飾の部分から作ってみるとか。

作曲を毎日するためのネタのヒント3:楽器を変える

作曲を続けていくと、ある程度使う楽器も決まってくると思います。でも、時には今まで使ったことのない楽器を使ってみるのも面白いです。

DAWにはいろんな楽器のプラグインが入っていますし、探してみるとフリーのサンプルやプラグインも多く落ちています。

オーケストラ系のプラグインには、多くの人が触ったことがない楽器が多く入っているのでお勧めです。

僕はよく、「Sample Tank 4」というプラグインでなんかないか探してみたりしてます。使っているのは無料バージョンです。

作曲を毎日するためのネタのヒント4:お題、テーマを決める

何もないところから、何かを生み出すというのは難しいもので、人間だれしもある程度の”カセ”があったほうがクリエイティブに活動しやすいものです。

その時その時何かしらテーマを決めると作曲しやすくなります。例えば「海」とか「ニューヨーク」とか。

前回もご紹介しましたが、「深夜の2時間DTM」というツイッターアカウントが、ほぼ毎日お題を提供してくれるのでお勧めです。

ネット上には、DTM系のネタだしサービスだけでなく、イラストやシナリオなどネタだしサービスなんかもあるので、探してみると面白いですよ。

作曲を毎日するネタのために常に心掛けておきたいこと

最後にクリエイティブ活動において、日ごろから心がけておきたいことをいくつかリストアップして終わります。

  • 感動できる場に行く(旅行・博物館・美術館・Liveなど)
  • いつもと違った道を通ってみる
  • いつもと違ったお店にはいてみる
  • いろんなジャンルの音楽を聴く
  • ボイスメモなどをうまく使う

ではでは今日はこの辺でm(__)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました