【Cakewalk】打ち込みのやり方

DAWの使い方

Cakewalk by BandLabでの、打ち込みのやりかたをまとめます。

Cakewalk by BandLabに付属している音源

まずは、Cakewalk by BandLabをインストールしたときに付属している音源を簡単にご紹介します。

  • Cakewalk TTS-1
  • SIシリーズ

Cakewalk TTS-1

こちらはSONAR時代から入っているプラグインで、画像を見てもらうとわかりますが実に多くの楽器が入っています。ピアノやギター、ブラス系などその数は256+ドラム音源が9セット!これだけでオーケストラサウンドが作れるくらいです。

音はまあまあです。

SIシリーズ

こちらはCakewalkに新たに追加されたプラグインで、結構音色がいいです。ベース、ドラム、エレクトリックピアノ、ストリングスの4つ種類があり、それぞれにいろんな音源が入っています。

Cakewalk by BandLabの打ち込みの準備

それでは打ち込みのやり方を見ていきましょう!とりあえず今回はSIシリーズのエレクトリックピアノでやっていきます。

他のSIシリーズもやり方は一緒です。TTS-1のほうも基本的には一緒ですが、いろいろと設定ができるのでTTS-1はまた個別にまとめますね。

【Cakewalk】TTS-1の使い方

流れ

  1. シンセトラックの挿入
  2. 音色の設定

シンセトラックの挿入

【挿入⇒プラグインシンセ⇒SI Electric Pian】

この順番でピアノのシンセトラックを挿入します。僕の場合、「プラグインレイアウト」を”メーカーで並べ替え”に設定しているので、画像のような感じになっています。まぁ、ここら辺にあります。

この画面はこのまま”OK”で大丈夫かと。

音色の設定

あとはPianoのウインドウで好きな音色を探したり、微調整しましょう。

デモソングを鳴らしながら音を作るとわかりやすいです。

Cakewalk by BandLabで自由に打ち込みするやり方

打ち込む方法はいろいろありますが、基本は”ピアノロールビュー”で作業を行っていくことになります。

メニューから【表示⇒ピアノロールビュー】で下記画像のようなものを出しましょう。

マウスを使ったの打ち込みのやり方

マウスを使って打ち込むには、直接ピアノロールビューの任意の音の場所をクリックして1音1音打ち込んでいきます。

間違えた場合は、音の上で右クリックをすると消すことができます。

打ち込んだ音の長さを変えたり、音の場所を変えることも可能です。

MIDIキーボードを使った打ち込みのやり方

MIDIキーボードの設定を行っていない人はこちらを参考にどうぞ。

【Cakewalk】音をだすための設定/MIDIキーボードを使う場合

MIDIキーボードを使って打ち込む場合は、録音して⇒調整という感じで行います。

まずはメトロームの設定からしましょう。

【流れ】

  1. メトロノームの設定
  2. 録音
  3. 調整

メトロノームの設定

メトロノームのマークをクリックして、設定ウインドウを開きましょう。

”録音カウントイン”というところ2小節に設定すると、リズムをとりながら録音に入りやすいと思います。

録音する

シンセトラックを選択して、録音の待機状態にします。

その後録音ボタンを押して録音開始です。ちなみに録音開始のショートカットキーは「r」、終了する場合はスペースキーです。

MIDIキーボードで録音した音を調整する

録音しながら打ち込んだ音は、たいていリズムがずれてます。

マウスで打ち込む場合にご紹介したように「Smart」ツールでそれらを調整していってもいいですし、リズムを合わせるだけなら”クォンタイズ”という機能で一発で調整可能です。

  1. Smartツールでクォンタイズをかける範囲を選択し
  2. プロセス⇒クォンタイズ

でクォンタイズをかけられます。

デュレーションでクオンタイズのもととなる音長さを決めます。今回はエイトビートのリズムなので、1/8を選択しました。

結果はこんな感じです。

Cakewalk by BandLabの打ち込みのやり方:パターンを使う方法

Cakewalk by BandLabの場合、SIシリーズにはなりますが、ループ音源というか、あらかじめあるパターンを利用して簡単に打ち込む方法もあります。

SIシリーズのウィンドウを開き、先ほどのデモソングの欄からトラックにドラッグ&ドロップするだけです。

特にドラム素材はこういったフレーズを利用しやすいです。

トラックに入れたフレーズをクリックすると、ピアノロールビューがひらくので、そこでの調整も可能!

ちなみに、このフレーズ素材も含め、打ち込んでいくものは基本的にMIDI音源となります。MIDI音源は、全体のテンポを調節すると、自動的に適応してくれますのであとからの調整も楽です。

Cakewalk by BandLabの打ち込みのやり方まとめ

  • シンセトラックの挿入
  • 打ち込む
  • MIDIキーボードなら録音して調節

いかがでしょうか?

説明すると長くなりますが、まとめるとこの程度です。

マウスで地道にやっていくのもなくはないですが、やっぱり打ち込みの時は、MIDIキーボードがあったほうが圧倒的に速くて楽です。

基本的に単音ずつ入れていくことになると思うので、3オクターブ分あれば十分だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました