おすすめのフリーオーケストラ音源【BBC Symphne Orchestra】

DTM

初心者でも使いやすい無料のオーケストラ音源見つけました!!!!!いろいろダウンロードしてみましたが、初心者におすすめするのはこれ一択です!

おすすめのフリーオーケストラ音源【BBC Symphne Orchestra】

弦楽器、木管楽器、金管楽器、パーカッションと、フルオーケストラに必要な音源を網羅しているのがこのBBC Symphne Orchestraです。

【弦楽器】

  • バイオリン1
  • バイオリン2
  • ビオラ
  • チェロ
  • コントラバス

【木管楽器】

  • フルート
  • ピッコロ
  • オーボエ
  • クラリネット
  • バスーン(ファゴット)

【金管楽器】

  • ホルン
  • トランペット
  • テナートロンボーン
  • バストロンボーン
  • チューバ

【パーカッション】

  • ハープ
  • チェレスタ
  • ティンパニ
  • いろんなパーカッション
  • チューブラーベル
  • マリンバ
  • 木琴
  • グロッケンシュピール(鉄琴)

これらがすべて無料でついてきます!

弦楽器の弾き方も、ロングとスタッカート、指引きがあるのである程度対応できるでしょう!

インターフェイスも視覚的にわかりやすいので、初心者でも簡単にオーケストラ音源を使うことができると思います。

実際、これにたどり着くまでにいくつか無料のオーケストラ音源をダウンロードしましたが、よくわからなくてあきらめてました(笑)

そんな僕でも難なく使えるくらい使いやすい無料のオーケストラ音源です。

フリーオーケストラ音源 BBC Symphne Orchestra の使い方

簡単に BBC Symphne Orchestra の使い方の説明もしておきます。

いつも通り、インストゥルメントからトラックを追加するときに”BBC Symphne Orchestra ”を選択して挿入します。

画像はCubaseでの挿入です。

インストゥルメントの編集画面を開くと、下記画像のようなものが立ち上がります。

詳しくは下で説明しますね。

①ここでそれぞれのスペースをクリックすることで、楽器を変更できます。

②ここは弾き方の選択です。パーカッションの場合は、楽器の種類が表示されます。

③リバーブで空間の広さを調整することができます。

④エクスプレッションとダイナミクスで音量の調整です。

⑤音域の確認ができます。

いかがでしょう?本当に直感的に使えます!マジでおすすめ。

オーケストラ音源 BBC Symphne Orchestra を無料で手に入れる方法

本当は49ドル(それでも安い)ですが、簡単なアンケートに答えて2週間すると無料でダウンロードできるようになります。

このページから⇒(https://www.spitfireaudio.com/shop/a-z/bbc-symphony-orchestra-discover/)登録して、アンケートに答えると2週間後にダウンロードできるリンクが、登録したメールアドレスに送られてきます。

画像の赤で囲ってある、”OR FREE”の場所をクリックです。

すぐにオーケストラ音源を使いたい場合は、49ドル払うとすぐダウンロードすることも可能です。

ちなみに上位バージョンもあるようです。

まぁ、しばらくはこれで困ることはないでしょう。

それでは今日はこの辺で(‘ω’)ノ

きっちり2週看護に届いてますね。ちなみに翻訳機能で日本語にしていますが、英文でメールが届きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました