DTM初心者が上達するためにやることはなに?

DTM

DTM初心者が上達するためにやることその1

DTM初心者が上達するためにやったほうがいいことで最も重要なことは曲のコピーです。多くのDTMのプロが言っています。

曲をコピーすることの目的は主に下記2点です。

  • DAWの操作・使い方に慣れるになれる
  • 引き出しの増加

DAWの操作に慣れる

DTMで使っていくソフト、DAWの操作が一番最初の難関です。ある程度パソコンの知識も必要になってくるくらいなので、DTM初心者はこの壁を越えれるかどうかで、DTMをできるようになるかどうかが決まります。

そのうえDTMでは、作曲・編曲・ミキシング・マスタリングなどやることが数多くあり、楽器経験者でも自分が得意な楽器以外のパートをつくる必要があります。

DTMは、やることが多いので、最初からすべてを完璧にしようとすると多くの場合挫折してしまいます。

まずは操作に慣れるところから始めましょう!

引き出しの増加

曲をコピーしていくことで、DAWの操作に慣れるだけではなく、引き出しを増やしていくことも同時にできます。

コード進行・ドラム・ベースのパターン・編曲・構成など数多くのことを学べるのです。これからのDTM作業の中で必ず役に立ってきます。

コピーのコツ

曲をコピーするとき、いきなりすべてをコピーする必要はありません。

まずはサビだけ、Aメロだけ。その中でもドラムとベースとメロディーだけといった感じでわかりやすくて小さいところから始めてみましょう。

DTM初心者が上達するためにやることその2

DTM初心者がやることの2つ目として、音楽理論の勉強をお勧めします。

音楽理論がわかることで、コピーもしやすくなり、自分で作曲するときにも表現したい音や構成を見つけやすくなります。

例えばメロディーとコードの関係を知っておくと、ドラムとベースとメロディーにコードラインのコピーも比較的楽にできるようになります。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

DTM初心者が上達するためのモチベーションを保つために

今まで話した通り、DTMでは最初のうちが一番大変です。なんとか1曲つくっても、そこで気力を使い果たしてしまうなんてことも。

モチベーションを保て楽しくやっていくには、仲間を見つけて一緒にやっていくことも有効です。

DTM作業自体は一人で行わないといけませんが、ツイッターなどのSNSでDTMのハッシュタグをつけてつぶやくことで同じようにDTMをやり始めた人を見つけることができます。

そうやって仲間を探して、刺激を受けたり、作品を発表したりしながら楽しんでいってはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました